BLOGブログ
BLOG

落花生のプロ直伝!甘くておいしい落花生になるオリジナル有機肥料の作り方を教えます!

2020/05/01
肥料

落花生のプロ直伝!甘くておいしい落花生になるオリジナル有機肥料の作り方を教えます!


 

ご覧いただきありがとうございます。落花生専門店の石井進商店でございます。

 

 

今回のテーマ

落花生専門店が自ら実践しているオリジナル肥料(有機肥料)の作り方を詳しく解説していきます

 

 

 

このオリジナル肥料を使うことで、肥料のまく量で個人差はあると思いますが、甘い落花生ができやすくなります。

 

 

 

千葉県産落花生のメジャーな品種 千葉半立(チバハンダチ)・Qなっつ(キューナッツ)・中手豊(ナカテユタカ)・おおまさり・郷の香(さとのか)といった落花生の品種に使うことができます

 

 

 

また、落花生以外の作物にも、当店では使用していますが、使用することでいい作物ができやすいのでおすすめでございます。

 

 

 

肥料に使用する原料や効能などは、こちらの記事に書いてあります。→落花生のプロが実践している畑作りの方法教えます!(肥料後編)

 

 

 

では、オリジナル肥料の作り方を書いていきます。

 

目次(もくじ)

1.落花生屋直伝のオリジナル肥料の作り方

 ・原料

 ・肥料が完成するまでの期間は?

 ・使用した道具

 ・肥料完成までの工程

 について書いております。

最終更新2020年4月

 


落花生屋直伝のオリジナル肥料の作り方


 

原料

1.落花生の殻や棒(肥料としてまきたい量分)

2.米ぬか

 

 

今回は、落花生の殻など約500kgに対して、米ぬか6.5kgくらい入れました。

肥料が完成しますと、最終的な量は約150㎏~180㎏くらいになります。

 

 

 

肥料が完成するまでの期間は?

まず今年作った有機肥料は、来年用の肥料として考えてください。

肥料の完成自体は、熟成されて夏場に作れば3・4か月くらい、冬場に作れば半年くらいで完成だとお考えください。

 

 

 

石井進商店では4月頃に作って、翌年の4月下旬頃にその肥料をまくというスタイルです。なお、作り方は我流ですので、やりにくい部分は、ご自分のやりやすい方法で行ってください。

 

 

基本的に使用した道具

フォーク型の農工具(くわ)や熊手(くまで)などを使って作りました。

 

 

 

原料の準備

当店では、昨年の10月頃から製品にならない落花生の殻や棒などを畑にためておいて、翌年の3~4月まで放置して、雨水などで腐らしておきます。

 

 

落花生農家様なら収穫後にたくさんこういった殻や棒が残るので、タダで再利用して使うことが出来ます。

落花生

写真1 落花生の殻や棒

 

 

写真1を見てもらうと分かるのですが、黒くなっているのが雨に濡れて腐る前段階右手前側にある色味の良い殻がまだ雨などに濡れてない部分です。

 

 

 

1.最初に肥料をためておく囲いを作る

畑

写真2 肥料を入れる囲い

 

写真2の中に腐り始めた落花生の殻などを入れていくのですが、その前にやることがあります。

 

 

 

2.落花生の殻や棒に米ぬかをかける

米ぬか

写真3 米ぬかをかけた様子

 

 

写真3のように、米ぬかを、落花生の殻や棒に混ぜ込みながら、さきほど作った囲いの中に入れていきます。入れるときは、フォーク型の農工具を使って移動させるとやりやすいです。

 

 

 

ワンポイントアドバイス!

米ぬかが全体に馴染むように、空気と混ぜながら移動させる!

量が多いと骨が折れますが、手作業で移動させることにより、機械で運ぶよりも米ぬかが馴染んでいくので、良い肥料になります

農家様などは、ユンボという機械などを使って、肥料を作っている方もいらっしゃいます。

 

 

3.肥料を入れつつ、上から踏んでコンパクトにしていく

肥料

写真4.肥料を囲いに入れ終わった様子

 

写真4が移動して終わった肥料となります。

途中山盛りになるので、足で踏みながら収まるようにしていきます

 

 

 

4.肥料に水を含ませる!

自家製肥料を作る際は、水を掛けながらやるのが基本!

混ぜている途中に二人で作業をやる前提ですが、ホースなどで水をたっぷりとかけるそうです

しかし、当店は面倒なので雨が降って十分にぬれるまで放置します。それだけでも十分肥料になります。

 

 

 

5.肥料の元が十分湿ったら、上からシートをかける!

雨などでだいぶ湿ったら、上部分にブルーシートや布ぶくろなどを風で飛ばされないようにかぶせておきます

 

 

写真4をみると、だいぶ肥料が多いように見えますが、雨などに打たれてだんだん小さくなり最後には3分の1くらいの量になってしまいます。

本格的に畑にまきたいという方は、時間と労力はかかりますが、結構な量を作った方がいいと思います。これで完成かと思いきや、この肥料はまだ完成しておりません!

 

 

6.肥料を作って2週間後くらいに、切り返しをする!

ブルーシートなどの袋をかけて、2週間後くらい経つと、肥料の中にある水分により蒸れてきます。すると発熱して湯気(白いけむり)が出てきます。

それが、切り返しの合図となります。

 

 

切り返しとは?

肥料が出来てくると腐って固まってきてしまうので、固まっている部分を分解しつつ空気を入れる作業の事を指します

そこで、フォーク型の農工具(すき)などを使って下になっている面を上側にしてあげて、空気を入れてあげます。

 

 

その際に水分が多くあれば濡れているので、問題ありませんが、もし濡れていなかった場合は水を肥料に撒いてあげて下さい。(雨が降ればかけなくて大丈夫です)

この発熱が発生しないと、肥料としては使い物にはなりません

 

 

理由としては、しっかりと発熱していない場合、肥料として不完全だからです。

不完全の状態で、畑にまいてしまうと作物などを植えたあとに不完全な肥料が土の中で発熱してしまい作物をだめにしてしまいます

 

 

 

この切り返しの作業は、2~3週間に一回行うとよりいい肥料ができます。最低でも1~2回は切り返しの作業を行ってください

 

 

 

放置している期間に虫が肥料を良くしてくれる!

当店の場合は、ミミズやカブトムシの幼虫が、肥料の中に入ってくれてさらに肥料の質を良くしてくれます。

 

 

 

一年経って肥料の中をあさってみると、大量のカブトムシの幼虫やみみずなどがいますので、そういった場合はいい肥料ができた合図にもなります。

 

 

 

肥料をまく際は、カブトムシの幼虫は可哀想なので、別の場所に移動させてあげてください(笑)以上が作り方になりますが、まとめますと

 

 

オリジナル肥料作りのまとめ!

1.肥料用の囲いを作り、米ぬかをかけた落花生の殻などを囲いに入れる。

2.入れ終わった後は、雨水などで濡らして、ブルーシートなどの袋をかける。

3.発熱してきたら、切り返しの作業を2~3週間に一回行い、空気を入れて夏なら3か月ちょい・冬場なら半年くらいで完成!

手間はかかりますが、良い肥料は確実に作れます

 

 

このオリジナル肥料を作るメリットに関しては、落花生のプロが実践している畑作りの方法教えます!(肥料後編)をお読みください。

 

 

石井進商店は落花生の加工・販売がメインなので、栽培に関してはベテラン落花生農家様には作り方は全く及びませんが、この肥料を使用して毎年落花生の発芽チェックなどに使用して収穫時期にはしっかりと実をつけて甘い落花生ができていますので、おススメのやり方でございます。

 

他のおいしい作物を作るのにも使えますのでぜひ試してみてはいかがでしょうか?

 

落花生栽培シリーズはこちら

落花生栽培の基本情報をこの記事にまとめました!

まとめ

 

 

色んな落花生に関する記事を書いています!

他の記事でも落花生の為になる記事を書いています。↓の石井進商店の情報一覧を見て頂くと落花生の栄養素のまとめなどがありますのでご覧ください。

 

 

SNSの登録もよかったらお願いします!

また、不定期ですが、こういった豆知識や落花生のセール情報をいち早くSNSの方でお伝えしておりますのでよろしければ登録してくれると励みになります。

 

 

石井進商店の落花生を買ってみませんか?

石井進商店の落花生はどれも最高品質のものを取り揃えております。今回記事を読んで買ってみようかなと思った方はぜひ通販サイトなどからご購入いただけたら嬉しいです。

 

 

目次に戻りたい方はここをクリック!

 


当店についてサイトマップ


下のサイトメニュ-から当店の色々な情報を見ることができますのでぜひご覧ください。

サイトマップ(当店の知りたい情報をクリックしてください)

石井進商店の通販サイト

ネット注文で買える商品が見れます。

通販サイト

 

石井進商店の落花生の商品一覧

店頭・電話で購入できる商品

 

石井進商店のアクセス方法

アクセス

石井進商店にお問い合わせしたい方は

こちら→石井進商店のお問い合わせ

または、電話・FAX 043-445-2832 にお願い致します。

電話受付時間 朝9時~夕方17時まで (月曜日は定休日)

石井進商店の商品紹介記事

→商品についてもっと詳しく知りたい方はこちらをクリック!

落花生のおいしさ

 

落花生の健康・美容効果をまとめた記事はこちら

栄養

 

石井進商店のブログ一覧

セール・落花生の豆知識をご紹介

 

石井進商店のSNS一覧

登録して頂くといち早くセール情報など入手できます。

LINETwitter

フェイスブックアメーバブログ

 

 

ピックアップ記事