BLOGブログ
BLOG

落花生のプロが実践している畑作りの方法教えます!(肥料後編)

2019/04/30
肥料づくり

落花生のプロが実践している畑作りの方法教えます!(肥料後編)


 

落花生専門店が実際にやっている畑づくり後編となります。

 

 

 

今回もピーナッツ栽培において、大事な畑づくりをするうえで、有益な情報を伝えていこうと思います。

 

 

 

前半では、当店が使用している肥料やまく方法などを記載していますので、よろしければご覧ください。

 

 

 

畑づくり前編はこちらの記事をご覧ください。

落花生のプロが実践している畑作りの方法教えます!(肥料前編)

 

 

 

 

オリジナル肥料の作り方はこちらになります。

落花生のプロ直伝!おいしい落花生の栄養素!オリジナル有機肥料の作り方を教えます!

 

 

 

後編でお伝えする内容は

有機肥料を使う理由

そもそも有機肥料とは何か?

当店の使用している有機肥料はこれだ!

なぜこのオリジナル有機肥料を使っているのか?

 


有機肥料(ゆうきひりょう)を使う理由


 

前回の記事を見ている方でしたら、

 

 

もう苦土石灰(くどせっかい)で、いい落花生を作るための畑は出来たし、

 

 

 

必要な栄養は、落花生専用肥料(らっかせいせんようひりょう)を使ったから、いらないんじゃない?という方もいると思います。

 

 

 

確かに、標準レベルの落花生を作るのであれば、必要はないのですが、

 

 

 

おいしい(高品質)落花生を作るのが、当店の目的です

 

 

 

そこで大切になってくるのが、有機肥料(ゆうきひりょう)となります。

 

 

 


そもそも有機肥料とは何か?


 

前編で話した落花生に使ってはいけないと書いた鶏糞(けいふん)も有機肥料に該当するのですが、

 

 

 

油の粕や魚の粉などの植物性・動物性の有機物(炭酸そのものを除く炭素を含む化合物)を原料にした肥料のことを指します。

 

 

 

有機肥料の効果としては、大きく2つあります。1つは畑の栄養を補充すること、2つ目は畑の質を良くしてくれる効果があります

 

 

 

有機肥料と対をなすのが、化学肥料(かがくひりょう)といいます。その化学肥料より優れている点は、

 

 

 

有機肥料は、土の中にいる微生物の餌になるので、微生物が増えることで、作物がよく育ちます。また土の状態も良くしてくれる効果があります

 

 

 

化学肥料には、上記の効果が自分の今知っている情報では見受けられないので、畑を良くしたいと考えている方は、有機肥料を取り入れることをおススメ致します。

 

 

 

ちなみに、化学肥料の特徴はこちらになります。(マイナビ農業から引用)

 

・原料は化学的に合成された無機物である。

 


・全体的に即効性が高く、持続性は低い。

 


・微生物の影響を受けず、植物に吸収されやすい。

 


・臭いやガスが発生しない。

 


・化学肥料のみを使い続けると土壌中の有機物が減少し、土の緩衝力(かんしょうりょく)が弱まってしまう

 


・過剰使用による「肥料やけ」(根の機能が壊れ、しおれたり枯れたりすること)が起こりやすい

 


・工場で大量生産が可能なため、安価に手に入る。

 

 

 

化学肥料はメリット・デメリットを考えて使用した方がいいです。

 

 

 


当店の使用している有機肥料の材料はこれだ!


 

当店で使用している有機肥料は、全て植物性のものを原料にしております。

 

 

 

植物性有機肥料の特徴としては、動物性のもの比べ、臭いがきつくありません

 

 

 

自分としてはだいぶここは嬉しいポイントかなと思っております。

 

 

 

当店で使用している有機肥料の原料は、2つだけです。

 

 

 

落花生の棒や落花生の中身が入っていない殻

落花生の殻

 

 

 

 

米ぬか

米ぬか

 

の2点だけでございます。

 

 

米ぬかは、玄米を精米する際に出る粉です。

窒素・リン酸・カリウムのほか、ビタミンやミネラル、糖分、たんぱく質も多く含んでいるため、土壌中の微生物を活性化させる効果があります。(マイナビ農業から引用)

 

 

 

 

前編で紹介した苦土石灰(くどせっかい)・落花生専用肥料・有機肥料の3点を使い、畑づくりの下準備をしていきます。

畑づくり

 

 

↑の写真のように、手前に見える白っぽい粉が、苦土石灰(くどせっかい)や落花生専用肥料になります。

 

 

 

畑に全体的に落花生の殻などが散らばっているのが、有機肥料となります。赤い矢印で囲ってある部分が撒いた範囲になっております。

 

 

 

まく分量は前編で書いた通りとなります。といっても有機肥料に関しては、当店毎年余るくらいあり、昨年作った分は全部入れているので畑の質はだいぶ良くなっております。

 

 

 

当店では、肥料を撒くときは手作業でまいているのですが、とても大変です(笑) この範囲だけで手作業で20~30分くらいかけて行いました。

 

 

 

農家様はこの何倍もの土地を使って丹精(たんせい)込めて落花生を栽培してくれているのですから、本当にありがたいですよね。

 

 

 

まいた後は、農業用の機械を使って、畑を耕して、肥料の下準備は完成でございます。

 

 

 

この後の工程は、マルチ張り・落花生の種を植える工程となりますが、別の記事でまた詳しく書いていきます。

 

 


なぜこのオリジナル有機肥料を使っているのか?


 

このオリジナル有機肥料を使う理由について教えますと、

 

 

1.いい品物ができやすいから

 

 

単純に、落花生だけでなく、他の野菜を作る際でもいい物ができやすいからです

 

 

 

落花生の殻などは、仕事柄大量に出ますので、それを有効活用しています。

 

 

 

農家様でも、落花生の収穫時に大量に棒や殻などが出るので有効活用することができると思います。

 

 

 

当店のベテラン農家様も同じような有機肥料を作っている方も多いです。

 

 

 

落花生の殻などは、もともと肥料にするのに向いている原料でして、土を良くしてくれたりする効果などを備えております

 

 

 

2.落花生に甘みが出やすくなる!

 

 

米ぬかについては、諸説ありますが、米ぬかを利用している農家様もこう言います。味に甘みが出ると

 

 

 

当店では、米ぬかでしかチャレンジしていないので他の有機肥料の場合はどうなるのかわからないのですが、

 

 

 

米ぬかを加えることにより、実際落花生の甘味などが向上していると栽培していて体感できます。

 

 

 

他にも、一個人の意見ですが、一緒の畑で作っている野菜も確かに旨味といいますか、甘みがある野菜が収穫できる傾向があります。

 

 

 

3.オリジナル有機肥料を使うことで、肥料代を安く済ませることができる!

 

 

作るまでは手間暇かかるので面倒くさいと思いますが、完成した有機肥料は、そこらへんで購入する肥料よりも高品質です

 

 

 

また、そのハイクオリティーの肥料を、市販で買おうとするとなかなかいいお値段がします(笑)

 

 

 

市販で高い肥料を買った人は、勿体ないと思って肥料を少なくまいて節約とする方が見られます。また、そもそも肥料自体をケチってまかないという人が多くいます。

 

 

 

それを自分で作れば、惜しみなく使えるので畑の状態は非常によくなります。かかるのは自分たちの時間と労力と少しの原料費だけです

 

 

 

また、作った分の肥料代が浮きますので、他の備品を買ったりする費用に回すことができます

 

 

原料の入手方法

 

 

落花生の殻などは、自宅で栽培している場合は、収穫後に再利用するのがいいです。

 

 

また、収穫時期に大体の農家様は落花生の殻や棒を肥料にしなければゴミになります。

 

 

そうなると燃やして処理してしまうところが多いので、そういった方に予め肥料にするから欲しいとお願いして頂くのもありだと思います。

 

 

 

落花生屋でも、繁忙期でなければ(死ぬほど忙しく対応ができないため)落花生の殻などをもらうことができると思うので、試しに聞いてみるといいかもしれません。

 

 

 

米ぬかは、米屋さんから買ったり、お米の精米所で聞いて米ぬかを購入させてもらえないかと聞くと意外と対応してくれるところが多いので聞いてみるといいです。

 

 

 

いかがだったでしょうか?

 

 

 

美味しい落花生を作るための畑づくり 肥料編でやらせて頂きましたが、

 

 

 

 

落花生の肥料についてここまで詳しく書いているブログなどは少ないと思うので読者さんにとっては有益な情報だと思います。

 

 

 

オリジナル肥料の作り方は申し訳ないのですが、別の記事で掲載させていただきます。

 

 

 

今後の記事では、肥料が撒き終わりましたので、マルチ張りや落花生の種を植えていく作業について記事にしていきます。

 

 

 

興味がある方は、ブログをチェックしてみてください。いち早く情報を知りたい方は当店のLINE・Twitter・Facebook・アメブロ等を登録して頂けますとすぐに情報が届きます。

 

 

 

落花生専門店の落花生を食べてみたいという方は下の「当店について」をご覧にください。

 

 

 

畑づくり前編はこちらの記事をご覧ください。

落花生のプロが実践している畑作りの方法教えます!(肥料前編)

 

 

 

 

オリジナル肥料の作り方はこちらになります。

落花生のプロ直伝!おいしい落花生の栄養素!オリジナル有機肥料の作り方を教えます!​​​​​​​

 

 

 


当店について


 

石井進商店の落花生の商品をご覧になりたい方はこちらをクリック

 

 

 

当店に来店したい方はこちらのアクセスをクリック

 

 

 

 

ご注文をしたい方は電話・Fax 043-445-2832 にお願い致します。

 

 

電話受付時間 朝9時~夕方17時まで (月曜日は定休日)

 

 

 

ネット注文もできます。→ご注文フォーム

注文フォーム

 

 

また、新着情報ブログの記事などで随時情報を発信致しますので、ご覧ください。

 

 

 

いち早く知りたい方は当店のLINE・Twitter・Facebook・アメブロ等を登録して通知設定して頂くとすぐ分かると思いますので、ぜひ登録よろしくお願いいたします。