BLOGブログ
BLOG

落花生栽培の初心者必見!Qナッツの栽培の流れを落花生専門店が丁寧に分かりやすく教えます。

2020/04/12
Q

落花生栽培の初心者必見!Qナッツの栽培の流れを落花生専門店が丁寧に分かりやすく教えます。


 

この記事のテーマ

Qなっつの生落花生を手に入れたけど、何からすればいいの?

いつに撒いて、どのくらいの時期に収穫できるの?

といった疑問を持つ落花生づくり初心者の方にも分かるように解説する記事となります。他の落花生の品種に関しても当てはまることが多いのでご参考にしてください。

 

 

記事を読んでいただきありがとうございます。筆者の紹介を致しますと、千葉県の落花生の本場!八街市(やちまた)で60年以上落花生屋を営んでいる落花生専門店の石井進商店でございます。

 

 

 

当店の60年以上培ってきた伝統と経験から書かせて頂きます。

また、平成30年発表した「Qなっつ」を開発した千葉県農林総合研究センター 落花生研究室のエキスパートたちが作った資料なども引用させて頂きながらご説明させて頂きますので、これから落花生づくりをする方には非常に有益な情報源となります

 

 

 

以上を踏まえながら、読んでいただければなと思います。

 

 

Qなっつってどんな品種?という方はこちらの記事をご覧ください。

Qなっつってなに?落花生専門店が教えるQナッツの特徴

 

 

はじめに・・・

 

先に言っておきますが、この記事では落花生の栽培の仕方を1から10全て記載しておりません

落花生づくりのチュートリアルといいますか、種を撒く時期~収穫までといった流れを理解してもらう記事になります。

 

 

 

「そんな当たり前の事知っているんだよ!もっと具体的な内容が知りたいんだよ!」という方もいらっしゃると思います。

 

 

 

そういった方は上記で伝えた千葉県農林総合研究センター 落花生研究室のエキスパートたちが作った資料がございますので、こちらをご覧ください→落花生栽培の手引き

 

 

ちなみに資料に書いてある千葉114号=Qなっつのことを指します。6割くらい落花生栽培に関する基礎的な事が記載されております。

 

 

千葉県農林総合研究センター 落花生研究室の資料は熟読する価値が非常にあります。千葉県のベテラン農家様たちでも知らない情報が結構あるくらいです。

 

 

 

しかし,ちょっと読んでみた人もいると思いますが、初心者の方には難しい専門用語がたくさんあるのと、新しい知識を吸収するので苦労すると思います。

 

 

 

そこで、筆者が資料に触れつつ落花生づくりの専門用語などを分かりやすく嚙み砕いてご説明していこうと思います。

 

 

今回の記事は、落花生づくりの初回なので、種まきの時期~収穫期までの栽培するうえでの概要をサクッとご説明していきます

 

 

それでは本題に入ります。

 

https://yachimata-rakkasei.com/blog/20190327-1011/

(最終更新 2020年4月)

目次(もくじ)

0.種植えをする前・する時に絶対にしてはいけない事

1.Qなっつの栽培の流れ

2.Qなっつの種を撒くタイミング・種まきの注意点

3.落花生の開花期

4.落花生のかん水の時期

5.落花生の収穫時期

6.あとがき

 

 


種植えをする前・するときに絶対にやってはいけない事


 

Qなっつの種植えをする前…

 

×湿気のある場所に保管すること

種親につかう生落花生を湿気のある場所に保管するのは、絶対にやめてください。

生落花生は乾燥している状態でないと発芽いたしません

最悪の場合、湿気を多く含むとカビてしまい、タネとして使えなくなりますのでご注意ください

 

 

Qなっつの種植えをするとき・・・

×雨が降った翌日にまくこと

×数日間、雨が降ることがわかっている日にまくこと

×種をまいた日に水やりをすること

理由は同じく、生落花生に湿気が入り、発芽率が極端に下がります

・水やりはのちほど説明しますが、発芽にはみずやりは必要ありません。基本的に畑にある水分だけで充分発芽するようになっています。(しっかりと肥料などをまいている前提で話しております)

 

 

 

 

目次に戻りたい方はここをクリック!

 


Qなっつの栽培の流れ


 

まずはこちらの写真で、Qなっつ栽培の流れを確認しましょう。

 

Qなっつ栽培

※ 落花生新品種「千葉P114号」の特性と栽培のポイントから引用

 

 


Qなっつの種を撒くタイミング・種まきの注意点


 

写真をみて頂くと、赤丸になっているのが、種を撒くタイミングとなります。

 

 

大体5月中旬~6月中旬あたりに撒いてください

 

 

撒くタイミングよって、収穫できる時期もずれますので、それを配慮して種まきをしましょう。

 

 

別にこれよりも早く撒いても発芽するので問題はありませんが、初心者の方はこの写真の流れで撒くのが無難です。

 

 

今回は、栽培の流れを説明する回なので省きますが、本当は種まきをする前に、畑を耕したり、肥料を撒いたりするなどの前準備が必要となります

 

 

落花生専門店から種まきのアドバイス

 

 

種まきをする際は、必ず1粒でまいてください

他の品種の落花生ですと一か所に2粒撒く方もいると思うのですが、Qなっつで同じことをやりますと一株ごとの丈がでかくなりすぎて大変なことになりますのでやめておきましょう。

 

 

種をまくときは、粒を横にしてまいてください

以前までは落花生の種を縦にして撒いていましたが、現在は粒を横にして撒いても問題ないことが分かっております。

 

 

「どうしても落花生の粒を縦にして撒きたいんや!」という方は種子がある方を上にしてください。どちら側に種子があるのかわからないという方は一粒割ってみれば分かります。

 

 

種子がどれなのか分からない方はこちらの記事をみてください→落花生専門店が教える落花生(ピーナッツ)のいい種の選び方。家庭栽培や農業用として種まきに適しているタネとは?

 

 

種を植えて、しばらくすると芽が出てきます。出てこないところには、追加で種をまきましょう。

 

 

目次に戻りたい方はここをクリック!

 


落花生の開花期


 

落花生の花

種まきをしてから、1か月くらいしますと、写真のような黄色い花が咲きます。

 

 

 

初めて作る方に多いのですが、落花生の黄色い花がしおれてしまった=栽培に失敗してしまった

 

 

 

という方がいるのですが、落花生は、花が枯れて、その花が地面に突き刺さってそこから、落花生ができるという仕組みになっております。

 

 

 

ですので、花が枯れたからといって諦めて抜いてしまわないようにしてください。

 

 


落花生のかん水の時期


 

そもそも「かん水」って何のこと?という方もいると思うので、簡単に説明しますと

 

 

 

落花生が成長するために、水分が必要な時期の事を指します。このかん水の時期に雨が降らなかった場合は、自分で水を撒いてください。

 

 

 

水分不足の影響は、収穫できる落花生の量が極端に減ったり、落花生ができても、殻の中身がからっぽになったりする可能性が出てきます。

 

 

 

つまり、落花生にとって一番大事な時期になります。成長させるために必ず水はやってください。

 

 

 

水が撒けない環境の畑などはどうすればいいですか?という方もいるでしょうが、他で対策の仕方はありますが、正直なところ雨が降るのを祈るしかないですね。

 

 

 

そもそも水の撒けない環境に撒いた時点で、そういったリスクを考えて種まきをしていただければと思います。

 

 

 

 

かん水のタイミングは、7月中旬から8月中旬になります。種を撒いたタイミングと開花した状況によって変わってきます。

 

 

目次に戻りたい方はここをクリック!

 


落花生の収穫時期


 

収穫時期は、花が咲いた時期(開花時期)から80日前後となります。ちなみにこれは、から煎り落花生などピーナッツが成熟した頃の粒(硬い粒)を指します。

 

 

 

ゆで落花生にしたい!という方は、8月の終わりくらいから9月初旬までに収穫するのが望ましいです。

 

 

それ以降は成熟する時期に入るので、収穫する時期が延びればのびるほど粒が固くなっていきます。

 

 

 

ゆで落花生は柔らかさが大事ですからね。市販だと10月くらいにゆで落花生用の生落花生が売られていて、絶対固いだろうなと心の中で思っています(笑)

 

 

 

話を戻して、成熟した落花生を収穫する際に掘ったら、乾かす作業を行います。掘った直後は畑の水分などが含まれているのでカラカラになるまで干す作業を行います。

 

 

 

それを「地干し」といった作業や「ぼっち乾燥やトンネルにする」といった作業があるのですが今回は割愛。

 

 

 

乾燥したら、収穫という流れになります。

 

目次に戻りたい方はここをクリック!

 


あとがき


 

落花生を作る上での一連の流れは分かりましたでしょうか?

 

 

 

初めて作られる方には、ここまで読んだだけでも新情報が色々あると思うので、整理しながら覚えていくのがいいと思います。

 

 

 

といっても、まだ落花生の栽培に関して基礎の基礎のことしかお伝えしていません。

また別の記事にて、栽培方法について書いていきたいと思います。

 

 

目次に戻りたい方はここをクリック!

 


当店についてサイトマップ


下のサイトメニュ-から当店の色々な情報を見ることができますのでぜひご覧ください。

サイトマップ(当店の知りたい情報をクリックしてください)

石井進商店の通販サイト

ネット注文で買える商品が見れます。

通販サイト

 

石井進商店の落花生の商品一覧

店頭・電話で購入できる商品

 

石井進商店にお問い合わせしたい方は

こちら→石井進商店のお問い合わせ

 

石井進商店の商品紹介記事

→商品についてもっと詳しく知りたい方はこちらをクリック!

落花生のおいしさ

 

落花生の健康・美容効果をまとめた記事はこちら

栄養

 

石井進商店のブログ一覧

セール・落花生の豆知識をご紹介

 

石井進商店のSNS一覧

登録して頂くといち早くセール情報など入手できます。

LINETwitter

フェイスブックアメーバブログ

 

 

ピックアップ記事